スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドンペリラウンジ



昨日は大手町での仕事を終え

会員制クラブで簡単なお疲れ様会




54階の高層階ににあるので眺めはこんな感じで

晴れていたらもっと綺麗だったはず

9-5-5.jpg


簡単なおつまみで喉を潤し

9-5-6.jpg


この後 予約していたドン・ペリニヨンラウンジ

9-5-9.jpg


フォアグラやキャビア チョコレートをつまみながら

9-5-2.jpg

9-5-3.jpg

9-5-7.jpg


どのテーブルにもDom Perignonの文字が書かれていました

グラスにも・・・

そして壁にも描かれたボトルの絵

2002年のビンテージボトルは

アンディ・ウォーホルのデザインですと仰っていました

どこかで目にしたよなぁ~

9-5-8.jpg


最後はタンカレーのジンをロックで

アルコール度数は47.3度

9-5-1.jpg


今日はビジネスの話も進み

気分も良かったせいか 本当に美味しいお酒でした

帰りはほろ酔い気分でタクシーに乗り込みました



そうそう 思い出した

確かシャネルの香水 No.5 でも

以前 アンディ・ウォーホルの限定パッケージも出てたなぁ~

何とも言えない色使いが気に入りまとめ買いしたっけ・・・


初めて行ったドンペリラウンジ 素敵な空間でした

リピートする事間違いなし









「ヒューマン・アチーブメント」(人類の功績)をブランドのテーマとして掲げ、 進化を続けるドン ペリニヨンは、天才的なクリエイターで20世紀最も輝かしい功績を残したアーティストの一人である、アンディ・ウォーホルへ敬意を表し、ウォーホル美術財団と協力して特別デザインボトルの製作を実現しました。

 ウォーホルの型破りな表現方法と、遊び心溢れる記号や色彩にインスピレーションを受け、ドン ペリニヨンはセントラル・セントマーチンズ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザインのデザイン科に、ドン ペリニヨンのタイムレスなボトルを新解釈したデザインを依頼。その結果は、ウォーホルの象徴的な色使いにオマージュを捧げる、他に類を見ないオリジナルなボトルシリーズとなりました。



スポンサーサイト

テーマ : 交流会/勉強会 - ジャンル : ビジネス

コメント

すごぉ~~~い
w((´ω`))wワオッ!!

楽しい時間でしたよ♪
是非今度ご一緒して下さいなぁ(^^)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。